2009年07月08日

イーペルの猫祭り 街並み編

街-04.JPG

「歴史編」からずいぶんと時間が経ってしましたが・・・
今回は「街並み編」をお送りいたします。
ちょっと長い記事となりますがお付き合いくださいませ



街-02.JPG

こちらは、ホテルの部屋のから朝日の当たる
向かいのおうちを撮ったもの。



街-03.JPG




街-06.JPG

どこをとっても、どれをとっても
統一感のある歴史的な建築で、
タイムスリップしたみたいでした。

イーペルの街全体が景観保存地区なので
全ての建築物がこんな様子です。




街-05.JPG

こちらは、古い教会を利用した美術館。
宗教画を中心に展示されています。
小振りなわりに、展示内容はしっかり充実している
ステキな美術館です。



街-07.JPG



街-08.JPG 

こちらは、昔の魚市場のあと。
比較的海に近いこの地区は魚介類も豊富で、
昔はこの場所に川が流れて、マーケットがあったそうです。




街-09.JPG

レストランのファザード。
♪ど〜こど〜こ、猫はどこ?♪



街-10.JPG

猫はここ!



街-11.JPG

猫はここ!



街-12.JPG

こちらもレストラン。
♪ど〜こど〜こ、猫はどこ?♪




街-13.JPG

猫はここ!
「やあ!こんにちは」ってカンジです。



街-14.JPG

こちらは、雑貨屋さん。



街-15.JPG

可愛い猫さん・・・・
鼻から髭が生えております(笑)
赤白のリボンをつけて
お祭りマスコットの猫ちゃんをイメージでしょうか。




街-16.JPG

「歴史編」でご紹介した
「メインゲート」を抜けたところから始まる遊歩道沿から見る川です。
森林浴も楽しめる気持ちのいい小径です。



街-17.JPG

イーペルは、街を取り囲むように川が流れています。
この遊歩道はその川に沿って500mほど続きます。



街-18.JPG

可愛らしい鴨の親子発見



街-19.JPG

道の途中に石造が・・・。
だいぶ風化してますが、よく見ると
向かって右側が天使、左側が猫なんです。
なんなのか、いつの時代のものなのかわかりませんが、
とても古いってことはわかりました(笑)



街-20.JPG

小径の最終地点の小さなゲート。
こちらはメインゲートと比べて小さなものですが、
古さゆえの趣があってステキでした。



街-21.JPG

毎週土曜の朝にマルクト広場で開かれる朝市。
とっても種類が豊富で、そしてお値段も日本に比べるとお安い。



街-26.JPG

大型トレーラーでやってくる魚屋さん。



街-22.JPG

鮮魚から加工品まで盛りだくさんです。



街-23.JPG

この地方特産のアスパラガス。
太くてやわらかそうでプリプリしてました。



街-24.JPG

チェリーもこんなに沢山



街-25.JPG

イチゴもトマトも、何から何まで
とにかく盛りだくさんでした。

このほか、お得意の繊維製品から生きた鴨やウサギまで
いろいろ並んでおりました。さすが、ヨーロッパの朝市です。



街-27.JPG

ここからはお祭りの準備の様子。



街-28.JPG

クレーンに吊られて繊維会館に旗を掲げるお兄さん。
直に人が吊られるなんて日本じゃ考えられない。
この日は結構風が強くて、お兄さんかなり煽られてましたが、
ご挨拶したら、爽やかに手を振ってくれました。




街-29.JPG  街-30.JPG

しばらくして、広場へ戻ってきたら
旗は勢ぞろいして見事にはためいておりました。
おみごと〜



街-31.JPG

マルクト広場から見る裁判所。
修復中で足場に囲まれておりましたが、
こちらも、歴史的建造物。手前にはお祭りの観覧席が・・・
着々と進んでいる会場設営でした。
posted by うさぎがま at 01:42| Comment(0) | イーペルの猫まつり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。