2009年07月18日

イーペルの猫祭り お祭り編(1)

やっと・・・やっと「お祭り編」でございます。

01.JPG




〜1部:ようこそ 猫の街イーペルへ〜

02.JPG

第42回キャットパレード スタートです




03.JPG

猫メイクのチアガールたち




04.JPG

沢山の風船と共にやってきたのは・・・




05-1.JPG


05-2.JPG

可愛い子猫ちゃんたち 我が家の青豆くらいかしら〜
暑さで少々ダレてます(笑)





〜2部:歴史上の猫崇拝〜

06.JPG





07.JPG

エジプトの猫




08.JPG

猫の女神Bastet(バステット)




09-1.JPG

ケルトの猫
猫が王座に座り、とうとうと神話を告げています。
てっぺんに座ってます〜猫さん




10.JPG

魔女たち登場




11-2.JPG

なんだか「怖い猫バス」ってカンジです




12.JPG

牢獄へと連れられて行く魔女たち




13.JPG

結構演技派ぞろいの魔女さんたち
必死感がリアルっぽい(笑)




14.JPG

ぐつぐつ煮立つ悪魔の鍋がやってきました




15.JPG

観覧席の一般人が次々と放り込まれてます




16.JPG

ピーチェ・ペックって名前の悪魔・・・らしい





〜3部:歴史の街、イーペル〜

19.JPG



17.JPG



18.JPG






20.JPG

聖画像破壊(1566年)
カトリック教徒に対して、新教徒(プロテスタント)の暴動が発生
血なまぐさい戦いにより、沢山の命が犠牲となりました。




21.JPG

要塞建設(1678年)
ルイ14世の命令のもと行われた要塞建設
かなり過酷な労働で沢山の犠牲者が出たらしいです




22.JPG

平和の街 イーペル




23.JPG

クルクルしてる傘はポピーの花を模したもの
イーペルでは真っ赤なポピーは平和の象徴だそうです。




24.JPG

楽隊の胸にもポピーのタイです





〜4部:猫にまつわる格言〜

25.JPG

ここからは、猫が主役のことわざパレードです




26.JPG

「猫の首に鈴を付ける」
危険を冒して難事に手を付けるって意味
ちなみに、鈴を付けられているのは私達と同じツアーに
参加のY氏。この様子は某猫雑誌にも掲載されています
Y氏、めちゃ楽しそうです(笑)




27-1.JPG

「猫のための鳥」
絶望的で救いようがないこと
たしかに、この状況は絶望的っぽい・・・




27-2.JPG

鳥さん、猫に睨まれています




28.JPG

「陰で猫をつねる」
陰で悪いことをすること
イマイチ格言の意味と仮装内容の繋がりが
よくわからなかった・・・(困)




29-1.JPG


29-2.JPG

「大きな猫の葬式」
著名人の死という意味




29-3.JPG

こちらは、小さな可愛いネズミさん〜
ママの背中で暑そうですね
 


次回は、「長靴をはいた猫」の物語からご紹介いたします

posted by うさぎがま at 03:27| Comment(0) | イーペルの猫まつり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。