2010年10月13日

窯垣の小径まつり

10月10日(日)は、
兔窯の地元、洞町窯垣の小径まつりでした。

窯垣01.JPG

前日の大雨からは信じられないほどの良いお天気!



窯垣02.JPG

せともの祭りに比べると地域のお祭りなので、
かなり小ぢんまりとしたお祭り。





窯垣03.JPG

我が兔窯も出店。





窯垣04.JPG

毎年、せともの祭りでご一緒する平野さんも。



いろいろ販売してるだけじゃなく、

窯垣05.JPG  窯垣06.JPG

和太鼓や、吹奏楽団の演奏などイベントもあります。
あと、洞町の皆さんによる手作りぜんざいの無料サービスとかね。





窯垣07.JPG

こちらは、中尾郁夫さんのお店
私の大好きな作家さんです。ステキな染付のお品がいろいろ〜





窯垣08.JPG  窯垣09.JPG

この唐子さん、来年の干支のウサギの帽子を被ってらっしゃる。
ピンボケで見づらいですが、ウサギの耳判りますか?
お名前は、寶々(パオパオ)さん。いつもとっても可愛らしいんです。



突然ですが、なんで窯垣っていうかってのは・・・・



窯垣10.JPG

こんな風に使わなくなった窯道具(登り窯を焼く時に製品を保護するため使った道具)を、
組み合わせて垣根にしてあるからです。
瀬戸では、ここだけじゃなく町のところどころで見かけます。


小径を上がっていくと、

窯垣11.JPG  窯垣12.JPG

窯垣の小道径ギャラリーや、





窯垣13.JPG

窯垣の小径資料館に行けます。





窯垣14.JPG  窯垣15.JPG

資料館には、染付のタイルだらけのお風呂や、トイレがあります。
実際、昔は使われていたものなんです。




とまあ、店番だけではヒマだったので、ブラブラしてみたのでした。





で、

窯垣22.JPG

こちら、平野さんの結晶釉のカップ
内側の織部が外側にうっすら染み出ていて綺麗です。






窯垣16.JPG

中尾郁夫さんの作品です。






窯垣17.JPG  窯垣18.JPG

薄い青磁のお皿に可憐な小花と可愛い蜂さんがいます。





窯垣19.JPG  窯垣21.JPG

小鉢も同柄
縁の花弁(?)のとんがりがまた美しい
欠けさせないようにしないと・・・

こうして、
我が家のお宝がまた増えたのでした。

posted by うさぎがま at 18:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。